メニュー

男性更年期障害(LOH症候群)

①男性更年期障害(LOH症候群)とは何か?

男性更年期障害とは、加齢による男性ホルモン(テストステロン)の低下によってさまざまな症状が出現する病気のことを言い、LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)と呼ばれています。

女性は50歳前後から女性ホルモンが急速に低下し更年期障害が起こることは有名ですが、男性も男性ホルモンの低下によってさまざまな症状が現れることが知られてきました。LOH症候群と診断される患者さんは50~60歳代の方が最も多いですが、早いと40歳代で診断される方もいらっしゃいます。もしかしたら男性更年期障害かも、と思われる方は、一度検査をしてみると良いでしょう。

②男性更年期障害(LOH症候群)の症状について

下の図は、男性ホルモン低下によって起こり得る身体、精神症状をまとめたものです。

症状は大きく身体症状と精神症状に分けられます、身体症状は、早朝勃起現象(朝勃ち)の消失や勃起不全(ED)といった男性機能の低下が起こることが多いです。その他、ほてり、のばせ・汗をかきやすいなどのいわゆる更年期症状や、身体がだるい、筋力低下、骨密度低下、頭痛・めまい・耳嶋りなどの症状が出ることがあります。また尿の勢いが悪い、頻尿、夜間頻尿などの排尿症状を伴うこともあります。

精神的な症状としては、不眠、無気力、元気がない、怒りやすい、なんとなくイライラする、性欲低下、集中力や記憶力の低下、認知力の低下、などの症状が出ることがあります。これらの精神的症状は時にうつ病との鑑別が極めて困難です。

男性更年期障害になると、図に示したように“メタボリックシンドローム”が起きやすいことがわかっています。すなわち、内臓脂肪が蓄積され、高脂血症や高血圧、糖尿病などが発症し、心筋便塞、脳梗塞などの心血管系疾患のリスクが高まります。また筋力や骨密度の低下は、骨粗鬆症やフレイルと呼ばれる心身の脆弱化の原因となり、転倒や骨折などにつながります。また認知機能や記憶障害の原因となり、認知症発症の原因になります。

男性ホルモンを正常値に保つことは、男性がいつまでも元気で活力のある生活を送るためにとても重要なのです。

③男性更年期障害(LOH症候群)の診断方法について

1)質問票

男性更年期障害の診断に広く用いられている「AMSスコア」と呼ばれる質問票などに記入していただき、症状の重症度や、どの症状が特につらいのかを調べます。

Aging male’s symptoms score (AMSスコア)

加齢男性性腺機能低下症候群 診療の手引き - 日本泌尿器科学会より引用

2)精巣の診察、前立腺体積の測定

男性ホルモン低下の原因として精巣の異常が見つかることがあります。精巣の萎縮が無いか、診察をさせていただくことがあります。また、前立腺肥大や前立腺がんの有無を調べるために、超音波検査を行うことがあります。

3)内分泌検査、生化学検査

採血を行い、男性ホルモンの値や、男性ホルモン分泌に関連するホルモン、高脂血症の有無などを調べます。

これまで日本では男性更年期障害の診断として、男性ホルモンの一部である「遊離テストステロン」の値を調べることで判断していましたが、最近行われた日本メンズヘルス学会で、今後は諸外国と同様に「総テストステロン」の値を測定し、症状とあわせて診断することが提唱されました。

血液中のテストステロン値は日内変動と言って一日の中でもその数値が変動することがわかっており、男性更年期障害の診断のためには午前中に採血を行うことが、正しい結果を得るために必要です。男性更年期障害の診断をご希望の方は、できる限り午前11時までに受診され採血をさせていただくことをお勧めいたします。また、主に50歳以上の方では、前立腺がんの可能性の有無を調べるため、PSAと呼ばれる腫瘍マーカーを測定させていただきます(PSAについて詳しくはこちら)。

*推奨されるLOH症候群の診断基準
  • 血清総テストロン値が250 ng/dL以下で、症状がある場合に性腺機能低下症(LOH症候群)と診断。治療を考慮する。
  • 総テストステロン値が 250 ng/dL以上の場合には、フリーテストステロンも測定する
    フリーテストステロンが7.5 pg /mL 以下であればテストロン補充療法を考慮する。

④男性更年期障害(LOH症候群)の治療について

LOH症候群の治療は男性ホルモンを上昇させることが主体になります。男性ホルモン(テストステロン)補充療法(TRTと言います)を行えば、確実に男性ホルモンを上昇させることができますが、日本で広く使用されている注射薬:エナント酸テストステロンによる治療は約1週間程度で上昇した男性ホルモンは減少してしまうため、短期間で繰り返しの注射が必要になります。

また比較的若年者では、TRTによって精巣機能の低下、精巣萎縮などをきたす可能性があり、まずは注射薬を使用せず、生活習慣の改善、充分な睡眠、適度な運動、筋力トレーニング、亜鉛などのサプリメント使用、漢方薬の内服などを用いて、男性ホルモン値の改善を目指すことが良いでしょう。

精子機能を問題としない方に対しては、TRTも有効な治療法です。TRTを行い男性ホルモンを持続的に上昇させることで、筋肉量、骨密度、インスリン感受性、精神症状、性機能、健康感の改善が期待できます。

PSAが4.0ng/mL以上で前立腺がんの可能性が否定できない場合には、前立腺がんの悪化の可能性があり通常TRTを行うことはできません。TRTにより前立腺がんが発生することを証明した研究は無く、前立腺がんが存在している可能性が低ければTRTは安全に行うことができます。また、日本ではテストステロン1%含有軟膏剤(グローミン®)を特定の薬局で購入し使用することができますが、テストステロン含有濃度が低いため、その効果は限定的です。

最後に

更年期障害は女性特有の症状と思われてきましたが、男性も男性ホルモン低下によって様々な症状が出現することが最近の研究で明らかになりました。男性更年期障害の症状を自覚した際には、歳のせいとあきらめる前に、一度検査を行うことをお勧めいたします。

「中野駅前ごんどう泌尿器科」では性機能学会専門医の院長が、的確な診断を行います。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME